ゴキブリの幼虫は赤い色をしています

ゴキブリの幼虫は、まだ生まれて間もない頃は黒ではなく赤い色をしています。

 

そのため、他の虫と勘違いをしてしまいがちですが、ゴキブリの幼虫は赤い色をしています。

 

この赤い色をしたゴキブリの幼虫が数ヶ月すると、普段見かけるあの黒いゴキブリに成長していくことになります。

 

ゴキブリの幼虫は数ヶ月で成長して成虫のゴキブリになっていくので、赤いゴキブリの幼虫を見かけたらその場で叩いて殺してしまった方が無難です。

 

もし叩いて殺すのが抵抗があるようなら、ゴキブリスプレーのようなものを置いておいてそれを使って殺してしまいます。

 

ゴキブリの幼虫は逃がすとどんどん成長してしまって大きくなり、そして産卵・増殖を繰り返していきます。

 

そうならないためにも、ゴキブリの幼虫を見かけたらすぐに退治をするように心がけましょう。