チャバネゴキブリというゴキブリの幼虫

ゴキブリの幼虫は、普段見かけるクロゴキブリの幼虫だけがゴキブリの幼虫ではありません。実は、チャバネゴキブリというゴキブリの幼虫が出ることもあります。このチャバネゴキブリの幼虫の特徴としては、体の色が茶色いことです。チャバネゴキブリというのは、普通のゴキブリと違って、体の色が茶色をしています。そのため、ゴキブリと思わない方もいますが、れっきとしたゴキブリです。このチャバネゴキブリの幼虫は、ゴキブリだと思わずに見て見ぬふりをしてしまうと大変です。成長が普通のゴキブリよりも速いため、あっという間に家の中がチャバネゴキブリだらけになってしまいます。そうならないためにも、茶色い小さな虫を見つけたら、もしかしたらチャバネゴキブリかもしれない、と思ってゴキブリ対策をすることが大切です。

ゴキブリの幼虫が出た時の対策方法

ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策としては、まずゴキブリの幼虫が出たあたりの掃除をしっかりするようにします。ゴキブリの幼虫が出たということは、その周辺でゴキブリの卵が孵化したということになります。つまり、まだ他の付加していないゴキブリの卵がある可能性があるということです。まずはその卵が孵化する前に掃除をして取り除いてしまいます。その状態になったうえで、ゴキブリ対策を行っていきます。まずはゴキブリが頻繁に出没する場所を中心にゴキブリ駆除剤を置いていきます。そうすることで、親ゴキブリになったゴキブリを駆除していきます。親ゴキブリを駆除しなければ繁殖し続けるため、いつまで経ってもゴキブリが家からいなくなることはありません。だから、まずは親ゴキブリをしっかり退治してしまいましょう。それができたら、家の外にもゴキブリ駆除剤を置いていきます。ゴキブリというのは、家の中で勝手に出てくるものではなくて、家の外から家の中に入ってくるのがスタートです。つまり、家の外側にゴキブリ対策をしておかなければ、家の中のゴキブリがいなくなったとしてもまたすぐに家の外からゴキブリが入ってきてしまいます。だから、ゴキブリ対策は家の外の両面をしっかり行うことがとても重要です。

【重要】ゴキブリの幼虫が出た時の駆除対策

ゴキブリは、普段見る大きなゴキブリだけでなく、ゴキブリの幼虫も家の中には出てきますので、ゴキブリ対策は必須です。

 

このゴキブリの幼虫が家の中に出るようになってきたら要注意です。

 

というのも、ゴキブリというのは、最初は家の外から家の中に侵入してきます。

 

そして、家の中で繁殖をして増えていく、というのが、家の中でゴキブリが増えていくときのパターンです。

 

つまり、家の中にゴキブリの幼虫が出たということは、家の中で他の親ゴキブリが卵を産み、その卵が孵化したことを意味します。

 

そうなると、しっかりとしたゴキブリ対策を行わなければ、家の中のゴキブリはどんどん増えていき、根絶するのが難しくなっていきます。

 

そうならないためにも、ゴキブリの幼虫を見かけたら、すぐにしっかりとしたゴキブリ対策を行いましょう。

 

ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策の基本は、今見えていない場所にいるゴキブリを退治することなので、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使います。

 

市販のゴキブリ駆除剤でもいいですが、根こそぎ退治するためには業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を家庭用に作り変えたものがあるので、これを使う方が効果は抜群です。

 

このゴキブリ駆除剤の良いところは、殺虫能力が極めて高いところ。

 

もう1つは、ゴキブリの死骸を自分で処理する必要がないところです。

 

どういうことかというと、このゴキブリ駆除剤を食べたゴキブリは、体の中から水分がどんどんなくなっていきます。

 

そうすると、ゴキブリは水分を求めて下水に行き、そこで息絶えます。

 

つまり、下水の中で死んでしまうので、家の中にはゴキブリの死骸は残りません。

 

それが、他のゴキブリ駆除剤との一番大きな違いです。

 

今まで使ってきたゴキブリ駆除剤の中では最も効果が高いのが、このゴキブリ駆除剤。

 

ゴキブリやゴキブリの幼虫で悩んでいる方は、使ってみる価値はあります。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら

 

あとは、このゴキブリ駆除剤をどこに置くかというところですが、

 

・キッチン周り

・風呂場の脱衣所

・エアコンの室外機の近く

・その他ゴキブリがよく出る場所

 

このあたりへこのゴキブリ駆除剤を置くようにします。

 

キッチン周りは皆さんよく気にしていますが、エアコンの室外機(家の外)はゴキブリの侵入経路になっているので、気をつけておきたいところです。

 

ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策で重要なことは、

 

・殺虫能力の高い強力なゴキブリ駆除剤を使う

・ゴキブリがよく出るポイント(家の外と中)にゴキブリ駆除剤を置く

 

この2つです。

 

ポイントを押さえたゴキブリ対策を行って、家の中にいるゴキブリをすべて退治するようにしましょう。

 

それが、ゴキブリのいない家の環境を作るための第一歩になります。

 

 

ゴキブリの幼虫は出てきたらすぐに退治する

この時期になると家の中に出てくるのがゴキブリの幼虫。

 

小さいからいいと言うわけでもなく、やはり幼虫だとしてもゴキブリはゴキブリ。

 

出来れば見たくないものです。

 

出てきたときには、出来るだけ早く対策をしたいところです。

 

色々なゴキブリ対策がありますが、幼虫の場合はそれほど動きも速くないので、はえたたきや新聞紙を丸めたもので軽く叩いて殺してしまうのが一番です。

 

スプレーなどでもいいですが、キッチンにゴキブリ駆除用のスプレーを置いてある家ばかりではないので、その場合は新聞紙などで代用するようにします。

 

ゴキブリの幼虫もほっておけば大きなゴキブリへと成長していきます。

 

そうなる前に、まずはゴキブリの幼虫を見かけたらその場で叩いて殺してしまうようにしましょう。

 

家の中にゴキブリの幼虫が出る原因

家の中にゴキブリの幼虫が出た場合、家の中で繁殖したか家の外から入ってきたかのどちらかになります。

 

どちらの可能性が大きいかというと、家の中にいる成虫のゴキブリが卵を産み、それが孵化してゴキブリの幼虫が出るようになった、と考えた方がいいでしょう。

 

つまり、ゴキブリの幼虫が家の中に出たら、ゴキブリの成虫も家の中にいると考えるのが自然です。

 

そうなってくると、ゴキブリの成虫用のゴキブリ対策をしておかないと、卵を産む→ゴキブリ幼虫が増える→成長してゴキブリの成虫になる→卵を産む・・・・という循環が続くことになります。

 

そうなってしまうと、いつまで経っても家の中からゴキブリの幼虫だけでなく、ゴキブリ自体が消えることがありません。

 

ゴキブリと共存することは、やはり衛生上良くないことですから、ゴキブリの幼虫を見た時点でしっかりとしたゴキブリ対策をするようにしましょう。

 

 

ゴキブリの幼虫がエアコンから出てきた場合の原因

ゴキブリの幼虫がエアコンから出てきた場合、ゴキブリがエアコンの中で卵を産んでそれが孵化した可能性があります。

 

意外かもしれませんが、ゴキブリは実はエアコンの中から出てくることが多いのです。

 

理由は、家の外に置いてある室外機。

 

室外機の中を通って、家の中に侵入してきます。

 

その途中で、エアコンの中に居座り卵を産み、孵化したゴキブリの幼虫がエアコンから落ちてくる、このようなことが起こります。

 

では、どういう対策をするのかというと、室外機の近くに置くタイプのゴキブリ駆除剤を置きます。

 

この時に使うゴキブリ駆除剤は、出来るだけ強力なものを使用するようにします。

 

ゴキブリもずっとエアコンの中にいる訳ではなく、特に日中は家の外に出て行きます。

 

その時に、通り道になるエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置いて、そこで退治するのが確実です。

 

エアコンからゴキブリの幼虫が出てきてしまった方は、家の外にあるエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。

ゴキブリの幼虫の成長速度

ゴキブリの幼虫を見た時に、それだけで家の中にゴキブリがたくさんいると思ったり、すぐに成長して成虫のゴキブリになると思ってしまいがちです。

 

でも、実際には、ゴキブリも種類によって成長速度はかなり違いがあります。

 

一般的なゴキブリと言われる「クロゴキブリ」は、大体1年程度かけて成虫になっていきます。

 

もう1種類の「チャバネゴキブリ」はもっとスピードが速くて、大体2ヶ月ほどで成虫になると言われています。

 

ゴキブリの幼虫の成長速度は種類によって違いますが、やはり基本は幼虫を見かけたらすぐに対策をすることが大切です。

 

クロゴキブリも成虫になるまで1年もあるなら、と思っていても、幼虫がいたということは、家の中にはクロゴキブリの成虫が必ずいるということです。

 

つまり、幼虫を1匹みただけだからと思ってほっておくと、知らない間にゴキブリのs成虫の数がどんどん増えていってしまうという状況になります。

 

ゴキブリは、幼虫でも成虫でも、とにかく見かけたらすぐに対策をする。

 

これが、家の中にゴキブリを増やさないために必要なことです。

 

 

ゴキブリの幼虫にアロマは効果はあります

ゴキブリの幼虫が出た場合、もちろんゴキブリ駆除剤で駆除してしまうのも効果的ですが、プラスしてアロマを使うというのもゴキブリの幼虫を駆除するためには効果があります。

 

使うアロマは、デンタータラベンダー、ローズマリーなどのアロマオイルが忌避効果が高いという研究結果があります。

 

ここで気をつけたいのは、使うアロマによってはゴキブリを呼び寄せてしまう効果があるということです。

 

ゴキブリの誘引効果の高いアロマとしては、スペアミントとローマンカモマイルがあげられます。

 

このあたりのアロマを間違って使ってしまうと、ゴキブリの幼虫だけでなく、ゴキブリの成虫も家の中に呼び寄せてしまうという悲惨な状況を引き起こします。

 

そうならないためには、どのアロマオイルを使うのかというのをしっかりと選ぶ必要があります。

 

ゴキブリの幼虫に効果のあるアロマオイルは、先ほど書いた通りデンタータラベンダー、ローズマリーなどのアロマオイルが効果的ですから、そのあたりのアロマを使ってゴキブリ対策をしていきましょう。

 

 

ゴキブリの幼虫が増える時期

ゴキブリの幼虫にも増える時期というのがあります。

 

ゴキブリの幼虫が増える時期は、大体5月から10月の間。つまり、気温が上がってくる時期に増えていきます。

 

これは、ゴキブリが産卵をする時期と重なります。ゴキブリは、1つの卵から大体20匹以上の幼虫が生まれてくると言われています。

 

つまり、5月から10月の間にゴキブリ対策をせずにほっておくと、家の中には20匹以上のゴキブリが増えてしまうという計算になります。

 

そうならないためには、その時期よりも前に家の中のゴキブリ対策をしっかり行っておく必要があります。

 

親ゴキブリがいなければ、ゴキブリの幼虫も発生せず家の中のゴキブリが増えることも避けられます。

 

つまり、重要なことはゴキブリの幼虫が増える前に親ゴキブリを退治してしまうためのゴキブリ対策をすること、になります。

 

ゴキブリはほっておくとどんどん繁殖を繰り返し増えていきます。

 

その前に、親ゴキブリを退治して家の中にゴキブリが増えるのを避けれるようにしていきましょう。

 

 

ゴキブリの幼虫対策でバルサンは効果的だが・・・

ゴブリの幼虫の対策としては、家の中でバルサンを焚くというのも1つの方法です。

 

バルサンは煙になったゴキブリ駆除剤が部屋の隅々まで行き渡るため、ゴキブリの幼虫に対してはとても高い効果が期待できます。

 

ただ、それと同時にゴキブリ駆除剤が部屋の中に充満するので、それをやる方がどう思うか、ということが問題になります。

 

特に、食品などを扱う台所周辺では、食品や食器にその薬が付くような状態になるので、台所周りで使うのは少し考えてからの方がいいです。

 

もしやる場合は、バルサンを使い終わったら部屋の中などをもう一度隅々まで掃除しておく方が良いかもしれません。

 

ただゴキブリの幼虫に対しての効果は高いので、もしゴキブリが頻繁に出るようであればバルサンを使うことも考えた方がいいかもしれません。